ご機嫌を手に入れた

自転車と自転車と自転車のこと

低酸素トレーニングで呼吸法を学ぶ

富士ヒルまで一週間を切って、最後の悪あがきで、スマートコーチングの低酸素トレーニングを受けてきました。

トレーニング後の感想
内容が濃い|受けて良かった|もっと前に受けるべきだった|忘れないうちに自転車のりたい|どれだけ変わるか楽しみ|


トレーニングは、低酸素室でローラーを回しながら安藤コーチから指摘してもらう流れ。何よりもまず、頭で理解したことを身体が覚えることの難しさを実感。運動神経が良い人というのは、無意識にできることなんだろうな。。。自分のどんくささが笑えるくらいできない。

特に呼吸法は何度も指摘してもらうも上手くいかず、「呼吸のリズムがずれている」と言われても何が正解か、、、ローラー降りてリズムだけとったり、なぜ呼吸でリズムをとるのかロジカルに説明を受けて腹落ちして実践できるまで、結構時間かかりました。

実際にローラーを回しながらなので、つらくなった時に自分がどういうクセがあるのか、指摘もらえるのも勉強になりました。指導を受けて、「いまダメ」「良くなった」細かな動作の変化に対して声をかけてもらえる。

学んだことは、呼吸法、ハンドルを握る意識、酸素を取り込むための上半身の姿勢、サドルに座る位置などなど

早く忘れないうちに実走したい!富士ヒル一週間前でどこまで変わるかわかないけど、身体が覚えるまでトレーニング。トレーニング。

トレーニングのモチベーション上昇!!